英語教育は本当に間違っているのか

英語教育は本当に間違っているのか

こんにちは、久原です。日本で生活をしていると一度は聞いたことがある言葉、「日本の英語教育は間違っている」
果たして本当に間違っているのか、独自の方法(インターネットブラウジング笑)で調べてみました。
ポイントにはマーカーを付けました。(くどくなっちゃいました)
それでは早速、行ってみましょう!

 



日本の英語教育の歴史

教育が正しいかどうかを知るためには、まず歴史を知らなければなりません。
ざっくり行きますが、飛ばしても構いません!

検索ワード「日本 英語教育 歴史」
→ site「日本における英語の歴史を知って、英語学習の励みにしよう!

こちらのサイトによると、教育としての英語は明治維新の頃に始まったようです。
戦前までは勉強していたようですね。
第二次世界大戦後は、再び英語教育が始まります。一説によると、他のアジアの国では英語で行われる授業も、日本では日本語で行われているようです。
そして現代になり、英語での授業が始まりました。

 

検索ワード「英語 授業 英語で」
→ site「授業は全部英語で。オールイングリッシュの授業に、あなたは賛成?

2013年から、高校の授業(科目:英語)は英語化されているようです。
知ってましたか? 記述によれば、半数程度の学校が実践しているみたいです。
さらに調べると、中学の授業(科目:英語)も2020年から英語化されるようです。
中学生に負ける日も近いかもしれないです。

もっと調べていくと、現在は小学校でも英語の時間があるそうです。
この後の「英語習得に必要な時間」で少しだけ触れます。
小学生に負ける日もくるかもしれないです……。

こうしてみると、英語教育の形は時代に合わせて変わっているようですね。

 

日本人の英語力

それでは、日本人の英語力はどうなのか見ていきましょう。

検索ワード「日本人 英語力」
→ site「英語が非母国語の国で日本人の英語力は何位? おとなり韓国・中国よりも上か、それとも・・・

TOEFL(教育に関連した英語力)でのランキングが載っています。
英語が母国語では「ない」国でのランキングらしいです。
日本は世界30位。母数がわからないのでもう少し調べてみました。

 

検索ワード「toefl ibt 世界ランキング」
→ site「【最新版】世界の言語別、TOEFLスコアランキング

こちらは英語を全体でのランキングですが、115言語中105位です。
(115カ国と表記しないのは、母国語別のスコア集計だからでしょう)
アジアの中では、31カ国中26位だそうです。日本やばいね。

より詳しく知りたい方は、項目別の順位など参照してください。

 

英語習得に必要な時間

次に、英語を習得する為に必要な時間はどのくらいなのか調べてみました。

検索ワード「英語 習得 時間」
→ site「英会話上達に必要な時間は? 日本人は英語の勉強を甘く見すぎている

サイト内の記述によると、近くない言語の習得に必要な時間は最低でも2,000時間ということがアメリカの研究で出ているそうです。
そして、週1時間勉強した場合約40年かかるみたいです。
どのくらいかかるかというのは面白い観点ですが、怖いですね。

気になるのは、学校ではどのくらいの時間英語を勉強しているのかですよね。
中学、高校での勉強時間は次の通りです。

 

検索ワード「中学校 英語 授業時間」
→ site「学習指導要領「生きる力」
検索ワード「高校 英語 授業時間」
→ site「高等学校における教科・科目の現状・課題と今後の在り方(pdf)

文部科学省のサイトから調べました。
中学校での授業時間は、3年間で350時間です。
(50分×授業時数140×3年間で計算)
高校での授業時間は、3年間で613時間です。
(50分×35×単位数21で計算)
合計すると、約800時間。自分で後1200時間は勉強しないと足りないです。
家での勉強時間も併せて調べました。

 

検索ワード「学生 勉強時間 平均」
→ site「勉強時間について

平日限定ですが、中学生の平均が87分、高校生の平均が70分。
純粋に割ることはできませんが、大体1/3~1/5くらいが英語だとします。
すると、学習時間は一日約20分。
一年のうち300日くらい勉強してるとすれば、6年間で約600時間。
学校での勉強と併せると約1,400時間。全然足りてない。

今挙げた時間勉強しているのは、それなりに優秀な学生だと思います。
実際、私とかが学生の頃は平日宿題しかやらなかったですよ。
そもそも宿題も殆どでなかったですし。
夏休みなんて、課題すらもやらない程度の学生でしたよ。
それが一般的な学生の姿じゃないかと思っています。

こうやってみると、問題は英語教育のやり方ではなさそうですね。
単純に勉強時間が少ないっていう話なんじゃないかと。

 

日本人の平均的な語彙力(英語)と必要数

最後に、語彙力を見てみます。

検索ワード「日本人 英語 単語数」
→ site「英語がデキる人の「語彙数の平均」はどのくらいなのか?

学校で習う英語の語彙数は約3,000語
それに対して、ビジネスで通用する英語レベルは約8,000~9,000語。
英語がデキると思われるレベルの語彙数は10,000語。
ネイティブの話す語彙数は中学生で19,400~19,900語。
ネイティブの大人なら23,800~28,000語

もちろん、ネイティブと比べる意味はないです。
それでも、私たちの語彙数が少なく思うのは私だけではないはずです。

 

結論

英語教育が正しいかどうか以前に、勉強時間が足りない。単語数も足りていない。
まずは沢山勉強をして、単語もどんどん覚えてみて、それから教育を考えよう。
色々と調べてみて、問題点に気が付くことが出来たので良かったです。
今後は間違っても、「学校教育が間違っているんだ!」なんてことは口にしないようにします笑

 

↓気合を入れて書きました。良かったと思ったら是非共有してください!↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクトはメッセージかTwitterにて!→@toeickuhara
ちょっとしたこととかつぶやくと思います。


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村