一つの単語帳を繰り返す意味(追記)

一つの単語帳を繰り返す意味(追記)

銀のフレーズ7日目。どのくらいかかっているのか知りたいので、このあと時間を測ってやってみます。
やってきました、1-500で47分程でした。
後半に行くほど覚えられていない単語が多く、前半はかなりスムーズに進みました。
この調子なら、あと数日で1-500ではなく、300-600などずらしても良さそうです!

* * * * * ・ * * * * * ・ * * * * *
実は先ほど、有名な関先生の公開動画を見ました。
(有名なものを避けて通る傾向にあるので、凄いことです)

動画の中身は気になる人だけ見れば良いと思います。
この中のChapter2で、単語の覚え方(スキル)についてやっています。
手法に関しては、本当に色々な意見があるので今更何かを変えようとか、そんなことは考えていません。
私がやるのは一貫して、『やると決めたテキストを繰り返す』だけです。

やることは決まっていますが、なぜそうするのかは漠然としか考えていませんでした。
『なんとなく』その方が良いと直感で分かっているから。
そこに、動画を見て根拠が加わった感じです。
(動画を見た上での、私なりの解釈です)

一つの単語帳を繰り返す意味 繰り返すたびに重点が違う
初めから細部まで覚えようとせず、まずは見て意味が分かる状態を作る。(意味を知る)
単語が瞬間でこたえられるようになったら、今度は品詞やアクセントなどの細部にこだわる。(用法を知る)
関連語や注意点などを理解していく。(表現などを知る)

 

動画の中で、覚えるために必要な回数は月に6回を基準として挙げられていました。
記憶力の良し悪しを言い出す人が多いけれど、単純に回数が足りていない人が多いということ。
これも同感で、有名な人はやっぱり有名な理由があるんだと思いました。
もっと早く見ればよかった。(やることは変わらないけれど)

 

銀のフレーズ(TOEIC300点~450点の人推奨)


公式問題集を使って……ない(最近)ですが、次回430点を目指しています!

↓ 応援ありがとうございます! ↓
 このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ

トップブログランキング

コンタクトはメッセージかTwitterにて!→@toeickuhara
ちょっとしたこととかつぶやくと思います。