英語学習

学習に関する『時間の暴力』長期スパンで考える

えいごのわだい

昨日は20分、そして今日も20分単語の確認をしました。継続は力なりといいますが、本当に大切ですよね。
学習に限った話ではないですが、『時間』の差は中々うまりません。
そのことを冷静に考えてみます。

 

毎日20分を5年続けると……

今から5年前に何をしていたか覚えていますか?
わたしは5年前も今も、変わらず「英語話せたらいいなぁ」と思っています。昨年は確かに動きましたが、ブログを始める前はまったく勉強していませんでした。

じゃあ、もしも毎日20分の勉強を5年間続けていたら、どうなっていたのか想像してみます。

時間:20分×365日×5年≒600時間強

600時間で英語は身につかないけれど、今よりは習得に近いところにいたでしょう。
時給1000円のところで働いていたら60万円稼げていたわけですから、結構な時間です。

 

次に、単語ベースで考えます。
普段は20分で大体50単語くらいをチェックしています。もちろん全部が身に付くわけではないですが、8回で習得できると想定して考えます。

単語:50単語×365日×5年÷8回≒11,400単語

もしも5年間、単語だけに振り切って勉強を続けていたら、今頃ネイティブの小学生並みの語彙力が身についていたのかもしれません。もしもの世界なんてないですけどね。

 

オマケで、毎日20分ジョギングしていた場合のダイエット効果。体重60kg、20分で3km(時速9kmのペース)を想定すると、一回の消費カロリーは60*3≒180kcal

180kcal×365日×5年=328,500kcal

脂肪1kg燃焼するのに7,200kcalと言われるので、45kgのダイエット効果です。よんじゅうごきろ……

 

やらなかった分は取り返せない

当たり前のことですが、後悔したって時間は取り戻せません。45kgのダイエットに成功する人がいる中、同じ時間で何か別のことをやっていたのだから。

ただ、これからやってくる時間は取り戻すことができます。毎日やるぞと決意をし、やらない自分から取り戻すんです。

そんなわけで、昨日studyサプリのアプリが良くわからないって記事を書きましたが、無事入力して使い始めています。毎日20分(週5日以上)を目標に、コツコツと積み重ねていきます。

いまから5年経っても、まだ人生は続く可能性が高いですからね。それでは、頑張りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。