英語学習

金フレ学習と欲しいものリスト作成

えいごのわだい

金フレを久しぶりに開いたところ、序盤の100問ですら間違えがちらほら出てしまいました。includeとinvolveの違いが分からなくてハテナがいっぱい浮かんだ辺り、以前の覚え方がテキトウだったのかもしれません。

こんにちは、久原です。

久々の英語学習はこのようなスタートになりましたが、不思議とやる気が湧いています。不思議です。やる気に満ち溢れながら私がやったことは、Amazonの欲しいものリスト作成です。

 

名前の表示に注意しながら欲しいものリストを作ってみた

まずはご覧ください。

久原が欲しいものリスト(娯楽品)

2019年3月12日現在の欲しいものは2点。金のセンテンスとニンテンドーswitch。

舐めとんのかワレ!!!

と怒号が飛んできそうですが、欲しいものを正直に載せました。金のセンテンスは一か月~2ヶ月後に使いたい参考書なので、割と実用的な欲しいもの。

ニンテンドーswitchは普通に欲しいものです。主に塊魂とぷよぷよ、任天堂ラボの為に。思えば、据え置きゲーム機を自分で買ったことないです。

 

ところで、Amazonの欲しいものリストを作成する際に注意しなければならないことって何だかわかりますか?

それは、名前バレです(調べたサイトに書いてありました)。うっかりそのまま公開してしまうと、自分の本名が暴露されてしまいます。学生ならまだしも、社会人がそれをやると色々問題になってきそうです。

そこで、名前欄にはニックネームを、そして住所の一番最後に『○○方』と自分の名前を入れる方法を採用しました。これで届くらしいです。

リスク管理は大事ですね。

お金に余裕のある誰かが買ってくれるのを期待しています。余裕がないのに無理して買うことはしないでください。

 

久しぶりに金フレを開いたら蘇った記憶と失われた記憶

冒頭にも書きましたが、金フレを100までやってみたら悲惨な結果に終わりました。物凄く基本的な単語ですら間違える挙句、似たような語感で間違えた単語の意味を調べるとまったく違うなど。

これは本格的に勉強が必要だと判断しました。

ただ銀フレは一旦スルーします。というのも、わかる単語が多すぎてただの自己満足に終わる気しかしないからです。

 

こうやって考えると、確かに多くのことを忘れてしまったけれど、覚えているものも確かにある。その積み重ねが英語力を伸ばしていくのではないかと、そう思えてきます。

そして、1年間の学習はムダではなかったと胸を張って言えます。うん、良かった!

 

 

今日が3月12日なので、金フレ終了目標は4月末日。ちょっと頑張ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。